2019年08月06日

スイングはリズムが大きく左右します。

昨日の選手指導での選手のスイングです。スイングの形は人それぞれです。
綺麗に見えるのはボールの行方とスイングリズムがいいからでそのスイングには必ず自信が伝わってきます。
いくらスロー動画で綺麗な形であってもそこにリズムやテンポが悪ければいいスイングには見えません。
テンポ、リズム、タイミングはスイングにおける重要な三大感覚で形とは違う部分です。
形は多少悪くてもリズム良ければいいスイングに見えますし、リズム悪ければいくら形が良くてもいいスイングには見えません。
見える見えないはあくまで客観的ですが主観的にどう感じているかが大切です。
この動画は屋外でのものですがスイングは球が見えないスタジオで作ります。
スタジオ(屋内)ではスイングを作るのに適しています。主にスイングリズムが良くなります。
今ではスタジオでは弾道解析もできますのでスイングがどうなっているのも明らかです。
ただ、球はほとんど見えないので球に翻弄されずスイングとリズムを作ることに集中できます。
昨日も230ヤードから280ヤードと50ヤード伸ばした生徒がいます。

とにかくリズムは重要です。
上級者のラウンドでのほとんどのミスはリズムが悪くて起きるのがほとんどです。
リズム悪ければ振り抜きが悪くなります。
そう感じている方はテンポ、リズムを重要視して練習してみてください。そうすればタイミング、すなわち動作順序がよくなります。

2019年08月06日 カテゴリー: ゴルフ 

PC版はこちら

スマホ版はこちら

先頭へ戻る